教職員から |  2018/10/17

名誉教授の篠原睦治先生が2018年11月24日(土)に和光大学キャンパスにて、 公開ゼミを開催します。

長年続けてこられたこの公開ゼミは、今回が最終回となります。
篠原先生から案内が届きましたので、お知らせします。

ご関心のある方は、ぜひご参加ください。




〈公開ゼミ(最終回)〉「『障害』児・者問題試論」のご案内
 70年代半ば、初めての「車イス」学生、境屋純子さんの登場と波紋 〜現状を当時に戻って検証する


(※詳細は、篠原先生から届いた上記のPDFでご確認ください。画像をクリックすると開きます。)


■日時:2018年11月24日(土)13:00〜17:00(受付開始 12:30)

■場所:和光大学 H棟404号室(キャンパスマップはこちら
 〒195-8585東京都町田市金井町2160 
 小田急線鶴川駅より徒歩約15分
 ⇒大学へのアクセスはこちらをご覧ください。


■発題:境屋純子(和光大学人間関係学科 1976年度入学)  
    天野誠一郎(同学科 1975年度入学)
    松園(旧姓 辻)伸子(同大学芸術学科 1977年度入学)
    篠原睦治(同大学人間関係学科 1973年度就職)

◆公開ゼミ終了後、18:00〜20:00 学内で交流会(会費 2,500円)。どなたも歓迎。当日、お申し込みください。


※大学の駐車場利用希望の方は、11月17日(土)までに、下記まで「氏名」、「車種」、「ナンバー」をお知らせください。

※ノートテーキングの用意をしておきます。ご希望の方は、当日、受付でお申し出ください。

※当日、会場設定などの準備をします。ご協力くださる方は、11:00に、会場に昼食持参のうえ、おいでください。

〈問い合わせ・連絡先〉
〈公開ゼミ〉世話人代表 榎本達彦 E-mail:t_enomoto@tootc.net/携帯:090-8345-3988



◇篠原睦治先生から、メッセージが届いています。
〈公開ゼミ〉、閉じて、開く
ぼく(篠原)は、2009年3月に定年退職しましたが、有難いことに、そのときから今日まで、在職中に出会った学生たちと、在職中の授業科目名「『障害』児・者問題試論」で〈公開ゼミ〉を企画・運営してきました。今秋で、このゼミを閉じることとしましたが、「閉じて、開く」テーマとして、冒頭題目で呼びかけることにしました。再会と新しい出会いの場で、共に考えることを願っています。周囲の友人、知人に声を掛けて下さるとうれしいです。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ