教職員から |  2020/07/08

総合文化学科・酒寄先生が翻訳したクラウス・コルドン著『ベルリン1945 はじめての春(上・下)』が2020年7月14日に出版されます。

みなさま、是非お手に取ってご覧ください。



ベルリン三部作 完結編
『ベルリン1945 はじめての春(上・下)』

ドイツの敗戦とその後の混乱を、ナチ体制下で育った少女エンネの目線で描く。大河群像劇完結編。

 

クラウス・コルドン 作、酒寄 進一 訳
価格:1,200円(税別) 
ISBN:(上巻)9784001146257、(下巻)9784001146264
発行:岩波書店


【岩波書店 作品紹介ページ】


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ